経営で一番大切なコスト削減するなら会計システムや経費精算が大切

management

防ぐため

ストレスチェック義務化法の施行とそれに対応したサービスについて

従業員50名以上の事業場に対して年1回のストレスチェックを義務付けること、ストレスチェックの結果を労働者に通知し、労働者が希望した場合医者による面接指導を実施し結果を保存することが義務付けられます。 それに対応して様々なサービスが各業者から提供されています。まず第一段階として厚生労働省の基準にあったストレスチェックを行います。高ストレス者はチェックに精通するカウンセラー集団がサポートします。そしてチェックの分析によるストレス要因の気づきを促し、同時に組織分析により職場のストレス環境を改善していきます。メンタルの不調を未然に防ぐのが主な目的になります。

チェック内容の組織内活用

ストレスチェックを受ける際従業員が一番気にするのがその結果を人事考査に使われてしまうのではないかということです。ストレスチェックはあくまで、従業員のストレスに対する気づきを促し、セルフケアをできるようにし、高ストレス者の分析をすることで職場環境を改善するためにあります。 そのため社内でのプライバシー保護の観点からその結果は、産業医等の産業保健スタッフのみが閲覧すること、場合によっては外部の組織にそのチェックを依頼することになる場合もあります。 人事部は個々人の結果をみるのではなく、各部門の結果、年代ごとの結果、性別、雇用状況による違い等を全体として分析し職場環境の改善に努めることが大切です。そうすることで組織にとってのたからである人材のメンタルを健全に保つことにつながり、長い目で見て組織の効率化につながるといえましょう。